ブロッシュポマードの違いがわかる!全6種の特徴・使い方を徹底解説


https://broshpomade.tumblr.com/

BROSH POMADE(ブロッシュポマード)は、フルメイドインジャパンのポマード。少量で髪全体に馴染む伸びのよさ、セット力の高さなどで人気を集めています。いくつか種類がありますが、その特徴はさまざま。

どれを選んでよいのかわからないという人も、少なくありません。そこでこの記事では、ブロッシュポマードの違いについてまとめました。最後に使い方や買い方もご紹介しましたので、ぜひ参考にしてください。

ポマードってどんな整髪料?

ポマードは、ワックスとジェルのいいとこ取りをした整髪料です。油性と水性の2タイプに分かれます。元々、ポマードの発祥は油性でした。男性の整髪料といえばポマードというほど、人気を博していたのです。のちに水性が登場し、最近はこちらの方が主流になっています。

油性と水性のポマードの違いについても触れておきましょう。油性のポマードは、粘り気が強い油を使用しています。上品なツヤと強力なキープ力が魅力の1つです。水性のポマードは、水に溶けやすく油性よりも手入れが楽です。

キープ力は油性にやや劣るものの、近頃は改良されたポマードも出てきました。そのような経緯もあり、現在は油性よりも水性のポマードの方が主流といえるでしょう。水性にもいろんなタイプがあるため、好みのヘアスタイルに合わせて使い分けるのがポイントです。

ブロッシュポマードの特徴

ブロッシュポマードは、一般的なポマードといくつかの違いがあります。ここでは3つ見ていきましょう。

POINT01.日本製の高品質ポマード

1つ目は、メイドインジャパンの高品質ポマードであることです。バーバーショップ「MR.BROTHERS CUT CLUB」と「BARBER SHOP APACHE」が共同で製作し、業界に風穴を開けました。2017年に発売を開始してから人気が高まり、今では業界トップクラスの仲間入りを果たしています。

POINT02.日本人に合った使い心地

2つ目は、多くの日本人の髪質に合った使い心地であることです。海外製のポマードの多くは、日本人向けに作られていません。そのため、使い心地や香りなどの点で、好みが分かれていました。

そこで、約1年近く海外のポマードを研究。日本人が最も使いやすいポイントを抽出し、誕生したのがブロッシュポマードです。使い始めたら、従来のポマードの印象がガラッと変わるはずです。

POINT03.用途に併せて選べる6種類

ブロッシュポマードは全5種類。コラボ企画のポマードも含めると6種類あります。それぞれ特徴が異なるため、その日の気分やシチュエーションに合わせることも可能です。ホールド力の高さ、伸びのよさ、ベタつきのなさなど、どのタイプも操作性は抜群。

油性とは異なり、シャンプーできれいに洗い流せるところも魅力です。初めてポマードを使う人、さらにヘアスタイルにこだわりたい人など、使う人を選ばないのも嬉しいポイント。世界と肩を並べる、今までにない国産ポマードです。

ブロッシュポマード6種類!違いと特徴を解説

ブロッシュポマード6種類の違いや特徴を見ていきます。それぞれを比較することで、好みのタイプが見つかりやすくなるはずです。さっそく1つ目から見ていきましょう。

01.Brosh Pomade Original

「Brosh Pomade Original」は、ブロッシュ初代のポマードです。キープ力がありジェルっぽく固めることができます。ホールド力が高いため、タイトでクラシックに抑えることも可能。伸びがいいテクスチャーで髪馴染みも抜群です。

ポマードの種類:水性 (シャンプーで洗い流せる)

セット力 / ホールド力 :強い

伸び:よい

艶感:あり

香り:やや甘くスパイシーな香り

Brosh Pomade Originalの詳細はこちら

02.Brosh Pomade Biz

セット力、伸び、ツヤ感は「Brosh Pomade Original」と同じ。違いは無香料であることです。そのため、「Brosh Pomade Biz」は、シチュエーションを選ばず使用することができます。普段使いはもちろん、香りに敏感なビジネスシーンでも大活躍するポマードです。

ポマードの種類:水性 (シャンプーで洗い流せる)

セット力 / ホールド力 :強い

伸び:よい

艶感:あり

香り:無香料

Brosh Pomade Bizの詳細はこちら

03.Brosh Pomade Clay

ツヤ感のないポマードを探しているなら、「Brosh Pomade Clay」がおすすめ。ハードワックスに近い使用感で、動きのあるヘアスタイルに適しています。セット力が強いため、アクティブなスタイルも長時間キープ。無香料に近いことから、シーンを選ばず使えます。

ポマードの種類:水性 (シャンプーで洗い流せる)

セット力 / ホールド力 :強い

伸び:良い

艶感:なし

香り:ライトなシトラス系

Brosh Pomade Clayの詳細はこちら

04.Brosh Pomade Super Hard Gel

ポマードに近い質感のジェルです。従来のジェルと違うのは、固めずタイトに抑えるジェルであること。粘り気が強いので、流れのあるスタイルや持ち上げるスタイルなど、容易にコントロールすることができます。ポマードに似たしっとり感を演出してくれる点もGood!

ポマードの種類:ジェル  (シャンプーで洗い流せる)

セット力 / ホールド力 :強い

伸び:よい

艶感:あり

香り:やや甘くスパイシーな香り

>Brosh Pomade Super Hard Gelの詳細はこちら

05.Brosh Pomade Fiber Feather Weight

最大の特徴は、まるでクリームのような伸びのよさがあることです。髪に束感を出しやすく、パーマヘアや梳きばさみが多く入ったヘアスタイルにも適しています。セットしたあとも手櫛が通せる優しい固まり方です。使えば使うほど、手放せなくなるアイテムと言えるでしょう。

Brosh Pomade Fiber Feather Weightの使い方は、こちらの記事で紹介しています。

ポマードの種類:水性 (シャンプーで洗い流せる)

セット力 / ホールド力 :やや強い

伸び:よい

艶感:ふつう

香り:シトラス系

>Brosh Pomade Fiber Feather Weightの詳細はこちら

06.Brosh x PabstBlueRibbon Pomade

アメリカンクラシックラガーの老舗「Pabst Blue Ribbon」とブロッシュのコラボが実現。香りはパッケージをデザインしたFusty Works氏が愛用する、アロマキャンドルを参考に。最高の使い心地を追求した、ブロッシュファン待望のアイテムです。

ポマードの種類:水性 (シャンプーで洗い流せる)

セット力 / ホールド力 :強い

伸び:よい

艶感:あり

香り:癒し系のアロマ

>Brosh x PabstBlueRibbon Pomadeの詳細はこちら

ブロッシュポマードの使い方 

https://pixabay.com/ja/photos/%E7%90%86%E5%AE%B9-%E3%83%98%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC-%E9%AB%AA-2507843/#content

ブロッシュポマードの使い方は、とても簡単です。適量を手に取り、手のひらでよく伸ばします。髪の毛全体に馴染ませ、あとはスタイリングするだけです。文章だけではわかりづらいと思いますので、スタイリング関連の動画を2つご紹介します。ぜひ参考にしてください。

https://youtu.be/vkXhQgV4Vyo

https://www.youtube.com/watch?v=y3mGIP6zN1o

ブロッシュポマード売ってる場所は?

ブロッシュポマードを買いたいけれど、売っている場所がわからない。そんな方のために、取扱店をご紹介したいと思います。1つは、「MR.BROTHERS CUT CLUB」と「BARBER SHOP APACHE」の専用サイト、または店頭です。

もう1つは、amazonや楽天といった通販サイト。もっと詳しく知りたい方は、こちらからブロッシュポマードをチェックしてみてください!お気に入りのアイテムが見つかるはずです。

http://www.barberapache.com/shop/products/list.php?category_id=2

今回ご紹介したアイテムは以下の6点です。リンクから商品の詳細をご覧いただけます。

Brosh Pomade Original

Brosh Pomade Biz

Brosh Pomade Clay

Brosh Pomade Super Hard Gel

Brosh Pomade Fiber Feather Weight

Brosh x PabstBlueRibbon Pomade

まとめ

今回は、ブロッシュポマードの違いを中心にお伝えしました。各アイテムの違い、特徴を掴むことはできたでしょうか? 自分らしいヘアスタイルを追求する上で、良質なポマードとの出会いは欠かせません。ぜひ、あなたに合ったポマードを見つけてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA