WAHL(ウォール)限定モデル「誇&侍」誕生秘話


WAHL(ウォール)限定モデル「誇&侍」誕生秘話

日本のスピリットを筆文字で表現した、世界中でも日本にしかない超限定モデル「」「」。

飾るにしても使うにしても、日本人としての強さを感じながら側に置いて欲しい!そんなアパッシュ店主が語る、限定モデル誕生秘話をここでだけ公開します。

⇒関連記事「数量限定!WAHL(ウォール)2020オリンピックモデル
⇒特集ページはこちら「Wahl Tokyo Olympic Year Clipper

日本のこころに惹かれたWAHLが限定モデルを生み出した

日本のこころに惹かれたWAHLが限定モデルを生み出した

今回、WAHLからは「東京オリンピック限定モデルを作りたい」という要望がありました。そこでロゴマークとして選ばれた日本語は「侍」と「誇」。

なぜこの2つが選ばれたのか?

WAHLによると、「侍」「誇」という言葉を選んだのにはこんな理由があったそうなのです。

「侍」

色からして侍ブルー!「侍」は自分の心と向き合うもの、というイメージからつけられた言葉で、まさに日本を象徴する言葉だといえます。

「誇」

「誇」は日本の強い心を代表する言葉として、二大ロゴワードの一つに選ばれました。

どちらも文部大臣賞を受賞した書道家、翠蘭(すいらん)さんによる書で、躍動感や伝えたいメッセージが真っ直ぐに突き刺さってくるようなパワーを感じます!

オリンピックモデルは身が引き締まる!

オリンピックモデルは身が引き締まる!

ボディはフェードの天才児といわれるマジッククリップで、外観は日本でデザインされたものです。スペック的にはマジッククリップと同様なので、使う分には万能ですよ。

一方、ロゴとして書かれた「侍」や「誇」という言葉には、まるでエネルギーがあるよう。言葉がダイレクトに書かれているため「誇りを持って仕事しなければ!」と、改めて気持ちが引き締まる思いになります!

世界のWAHLが誇る日本限定モデルを手にしてほしい!

世界のWAHLが誇る日本限定モデルを手にしてほしい!

限定モデルであることはもちろんのこと、デザインに込められた思いを踏まえれば、どちらか一つでもいいからぜひ手に取っていただきたいですね。

何でも「記念モデル」というものは、買って飾って愛でたいものですが、私はつい仕事に使ってしまいました。

でも、使う度にロゴの筆文字が目に入り、本当に身が引き締まる思いがします。

世界中のバーバーショップのどこを探しても、今回の限定モデルは手に入りません。

世界中で手に入るWAHLですが、このモデルだけは日本にしかないのです。

どちらでもいいので、日本のバーバーショップとしてはぜひ一つ持っていて欲しいですね!

使うも良し、飾るも良し。用途は違っても、自分のプライドやモチベーションがグンとアップしますよ!

ちなみにアパッシュのスタッフは両方持っています。

「限定ですから!」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA