HISTORY OF THE BARBER BATTLE


絶対になってやる。。

たった1つの気持ちで

掴み取った栄光。

〜日本一の栄冠への心境〜 作者:鈴木 琢将

 

 

昔から何事にも負けず嫌いな俺は、今までの

人生の中で沢山の悔しい思いは経験してきたが

あの時の悔しさに勝るものは無いだろう………

LAYRITE BY PRESENTS〜

“Traditional Barber Battle 2016”

“Traditional Barber Battle 2017

 

二度の予選敗退。

好きで始めた事に沢山の希望と夢を抱き、

この業界に飛び込んだ、好きでやってる

床屋で闘うという事に疑問も少し抱き、

なぜ?闘うのかなぜだ?

そんな気持ちで始めて挑んだbarber battle。

だが、答えはとても簡単だった。

 

誰がカッコイイスタイルを作れるか、

そんなシンプルで真っ直ぐな答えの意味を

始めは理解できてるようで、全てを理解

することができていなかった。

 

シンプルにカッコよく、だがカッコいいって

なんだろう?カッコイイを模索しながら、

fadeを練習し沢山Instagramから情報を集め、

俺自身がカッコいいと思うスタイルを勉強

した。カッコイイと思うスタイルを作り、

挑んだが、二度の敗戦。

 

負けを重ねると怖くなる。。。

 

カッコいいを迷いだし、なにが正解かが

わからなくなるでも、いつも思っていた二度

の敗戦はしたが、作ったスタイルはカッコ

よかったと思う。間違いじゃなかったと、、、

 

でも現実負けたやつの言う事って力がない。

思いがあってもそれは正解にならない。

勝たないと正解にならない。

勝たないと俺が思っているカッコいいは

カッコいいにならないと。ただ、それだけ。

それがきっと答えだと俺は思った。

 

ただ、ただ俺が思うカッコイイスタイルを

勉強した俺がカッコいいと思うfade、どんな

Styleにもバリエーションを効かせ、カッコ

いいと思うbarber Styleひたすら作り込んだ。

そして挑んだ昨年。

“Traditional Barber Battle 2018”

 

一切迷いを断ち切り、誰がどんな Styleを

作ろうと俺がカッコいいと思う100%の Style

を叩き込んだ。北海道予選を勝ち上がり、

2019年1月21日東京finalで各国から集まった

LAYRITE band of member達の審査の中、

全国の同様に勝ち上がってきた方々と

戦った。

 

“2019年1月21日俺の作ったスタイル

が認められた日。日本一になった。”

一心不乱に迷わず、真っ直ぐにシンプルに

俺がカッコイイと思うスタイルを作った。

その時思いました。

 

俺のカッコいいは間違ってなかったと。

色んな想いと気持ちが湧き出て涙が溢れた。

諦めず本気になって良かったと、応援して

くれた仲間がいて、本当に良かった。

 

世の中には沢山のカッコイイがある。

カッコイイ物、カッコイイ人、アメ車や

バイク、タトゥーに音楽、洋服たくさんの

カッコいいスタイルがある。そのスタイル

の中でそのカルチャーに信念を持って

カッコいいと思って自分が貫き通すか

どうかだと思う。

 

どんなカルチャーにも共通してるのはそれが

カッコいいと本気で思うその気持ち。

日本一になって、色んな場所でイベントや

カットショーをする事も増えた、多くの人に

俺が作るbarber Styleを見てもらえる機会が

増えたし、カッコいいを広めることが出来て

いる。

 

でも、1番は自分のお客さんに胸張って日本一

がカッコいいと思って作ったこのスタイル、

「めちゃくちゃカッコいいぞ」と言って、

店から送り出してあげたお客さんが外で

「カッコいいと言ってもらえた!」「めちゃ

くちゃ良いって言われました」その一言だけ

が、日本一になった今も1番嬉しいです。

 

勝てば、結果を残せばカッコいいを認められて

カッコいいの価値観が統一されていきます。

自分のカッコいいをみんなにも思ってもらえる

そんな素晴らしいことはこのbarberという

仕事をしていて、1番嬉しいことですよね。

 

お客さんに一言「ありがとう、またよろしく」

って言ってもらえるそれだけが、僕の日本一を

保ってられます。結果を出すと認めてもらえ、

自分自身の強さ、自信になる。カッコいいを

提供できるのは俺だけだ。日本一という言葉

に安心して皆が付いてきてくれる。信用して

くれる力がまた自分をレベルアップさせる。

いつも本当にありがとうございます。

 

今も各地でたくさんのbarber battle

があります。挑戦するのはたった少し

の勇気だけです。

挑戦してみて下さい。

 

そして、結果を残し胸張ってサロンに帰って

来て下さい。皆さんに着いて来てくれるお客

さん達にもっとカッコいいを提供してあげて

欲しいです。そのお客さん達が満足してくれる

こと、ただそれだけがbarberという仕事の1番

の醍醐味だと思います。

 

闘いましょう。挑戦しましょう。

チャンスは自分から逃げません。

チャンスから逃げずに

チャレンジして下さい!!

迷っているなら進みましょう!!

 

高めあったステージの上から、1番になって

見る景色は格別ですよ!!!自分の事の様に

喜んでくれる仲間の姿、喜びに感動し送って

くれる拍手、その瞬間の感動と喜びはあそこ

でしか味わえません。その時くらい主役に

なってもいいと思います!普段の仕事では

お客さんを支える人です。目立って下さい。

魅して下さい。必ず強くなれます!!!

これから各地の予選に出る方たち、

頑張ってください!応援しています!!!

 

HISTORY OF THE BARBER BATTLE

“完”


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA