闘争本能の矛先


男は子供を産むことが出来ないから生物学的無力さを趣味や仕事で紛らせる他ない。男にはDNAに刻まれた母性なんて崇高なるものは持ち合わせていない。

かつての狩猟時代から戦い、争い、競い合いながら自己を誇示しざるを得ないものなのだった。人は進化を重ねたが、どんなにかっこつけても所詮男は野蛮な生き物。肝心の闘争本能は消え去らない。しかしその闘争の矛先がかっこつける事ならば、身嗜みを整える事ならば、野蛮とも言い切れないのではないか?

レイライトバーバーバトル2017北海道予選の情報が解禁された。

投稿者プロフィール

NishiKyohei
NishiKyohei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA