【ローフェード】とはどんな髪型?特徴とセット方法も解説


数多くあるバーバースタイル、どれを選べば良いか迷うと思う。

今回紹介するのはローフェード

ローフェードは、アレンジの自由度が高く、バーバースタイルの入門にもうってつけのスタイルだ。

この記事では日本におけるバーバーカルチャーの第一人者である「アパッシュ」が、ローフェードの特徴、魅力、必要な髪の長さとセット方法まで詳しく解説していく。

記事の後半には中々雑誌で掲載されないローフェードの写真集も用意しているので、どんな髪型か目で見たい人は後半をチェックしてくれ!

ローフェードの特徴:アレンジの自由度が高いスタイル

ローフェードの特徴:アレンジの自由度が高いスタイル

フェードの位置が低いローフェードは、トップの毛流れや動きで自由にアレンジできるスタイルだ。

ある程度の髪の長さがありつつ、バーバースタイルをやってみたいという方にまずオススメしたいのがこのローフェード。

ローフェードの種類

ローフェードは他のバーバースタイルと組み合わせることで色々な表情を見せてくれる。あらゆる人にオススメできるスタイルだ。ここでは一例を写真と一緒に紹介しよう。

ローフェード × ハードパート

ローフェード × ハードパート

ローフェード × ディーン

ローフェード × ディーン

ローフェード × パーマ

ローフェード × パーマ

ローフェードのセット方法

ローフェードのセット方法

ローフェードのセットは自分の理想とするスタイルによって異なる。ここでは一例を紹介しよう。

  1. ベーススプレーで全体を湿らせ、ドライヤーとブラシを使い根元を起こしながら理想の形を作る

  2. マットなワックスを手に取り、手のひらに馴染ませる(指の間まで伸ばすのがポイント)

  3. 表面に優しいタッチで馴染ませる。この時はまだ根元に触らない

  4. 表面に行き渡ったら手グシで根元から起こすように馴染ませる(空気を含ませるようにするのがポイントだ)

  5. 最後にアフロコームでとかしながら形を整え、スプレーを振って完成

セットに必要なアイテム

ローフェードの写真集

まとめ

今回はローフェードについて紹介した。ポイントは以下の通り。

  • ローフェードはアレンジの自由度が高いスタイル
  • バーバースタイルの入門にもピッタリ
  • ローフェードは他のスタイルと組み合わせることもできる
  • セット方法は自分が理想とするスタイルにより異なる

今回紹介した「ローフェード」は、バーバースタイルのほんの1つにしか過ぎない。他にも多くのヘアースタイルを紹介しているので、カッコ良さを追求したい人はぜひ以下の記事をチェックしてみてくれ!

また、「APACHE(アパッシュ)」ではカットやスタイリングはもちろんのこと、あなたの髪質やセットの方法を詳しくアドバイスさせてもらう。あなたにあったポンパドールのスタイルを見つける手助けができたらうれしい。旭川に来る際には、ぜひ訪れてみて欲しい。

アパッシュ店舗の連絡先
  • TEL0166-52-2397
  • (ご予約のご連絡先は本店・大町店・東光店の共通となっております。)
  • 受付時間 平日 10:00〜20:00 / 日・祝 9:00〜17:00
  • 定休日 月曜日・第三日曜日

※新規のお客様はお電話でのご予約のみとなっております。

アパッシュスタッフのInstagramもスタイリングの参考にしてみて欲しい。フォロー大歓迎!

Apache Owner 川上 昌博

Apache Omachi Shop  宮崎 剛瑠

Apache Omachi Shop Manager 西 恭兵

Apache Toko Shop Manager 鈴木 琢将

Apache Main Shop 永田 吉伸

Apache Toko Shop 須藤 正喜

Apache Main Shop  川田 竜也

Apache Main Shop 辻 翔太朗

Apache Main Shop 是澤 大地


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA