レジェンド直伝!クロップスタイル の前髪を浮かせないためのテクニックを紹介


レジェンド直伝!クロップスタイル の前髪を浮かせないためのテクニックを紹介

かっこいい髪型に憧れて、クロップスタイルにしたものの、その後のセット方法に悩んでいる人はいないだろうか。

クロップスタイルでの多くの悩みが「前髪が浮いてしまう」ということ。

クロップスタイルは、前髪が寝ていることが前提でかっこいいが決まる。浮いてしまうとせっかくのスタイルが台無しになるだろう。

今回は、日本中にクロップスタイルを広めた第一人者でもある、アパッシュ代表の川上が、クロップスタイルセット方法を自力でする、技術者にお願いするの2パターンで紹介していこう。

ドライヤーを使って対処する方法

ドライヤーを使って対処する方法

写真のように手をカーブさせ、熱をためながら前髪を寝かせてあげる方法だ。髪は、熱が冷めた時に固まるためドライヤーをかけた後少しの間抑えてあげると寝てくれる。

また、ベーススプレーを使えばドライヤーの熱に反応して髪に粘り気を出し、さらに形が付けやすくなるためオススメだ。

ベーススプレーについて詳しく知りたい方は以下の記事をオススメする。

技術者に対処してもらう方法

お店なら、「アイロンウェーブローション”スーパードリーム”」など、中々一般家庭には無いアイテムを使いながらアイロンパーマをかけられる。

特別な日やイベントがある日などにはバーバーに訪れてみるのも手だろう。

アイロンパーマとイージーパーマで選べるクロップスタイル

クロップスタイルは、通常のカット以外にも「アイロンパーマ」と「イージーパーマ」で違ったスタイルをだすことも可能。

ここでは、アイロンパーマとイージーパーマがそれぞれどういったものなのか写真付きで解説しよう。

アイロンパーマ

アイロンパーマ

その名の通り細身のアイロンを使用したパーマで、ツムジから放射線状に手作業で巻いていく方法だ。濡れパン、揺れパンという名前でも知られている。

イージーパーマ

ローションを使用し、シートで定着させて洗い流した後にドライヤーをかける方法。坊主フェードなどで使用される。

イージーパーマについて詳しくは以下の記事で解説している。パーマが気になる方はぜひ見てくれ!

【髪質別】前髪を自分でセットする方法

自宅でセットしていても、中々上手くいかない人も多いのでは無いだろうか。そこで、この項目では髪質別にオススメのセット方法と整髪料を紹介する。

長くて柔らかい人

長くて柔らかい人
  • ベーススプレー+下に向けてドライヤーをかける。
  • 濡れた状態でファイバーフェザーウェイトつけて、ドライヤーかけると収まりが良くなる

短くて硬い人

短くて硬い人
  • 立ちやすいため整髪料を硬めにする
  • ブロッシュオリジナルなど粘りっけの強いポマードを使う
  • アイロンパーマはつむじ通りに流す

コラム:クロップスタイルで前髪が浮いてしまう原因

クロップスタイルで前髪が浮いてしまう原因はいくつかある。そもそもの生え方が立ちやすい人、髪質が直毛で硬く立ちやすい人、入浴後ドライヤーを使わずに寝てしまい、クセがついてしまっている人など。

クロップスタイルは前髪が寝ていることが前提で、そこがカッコイイポイントだ。前髪が立ちやすい人にはこの記事で紹介した方法をぜひ試してもらい、理想のクロップスタイルを実現して欲しい。

まとめ

今回は、クロップスタイルの前髪を浮かせないためのテクニックを紹介させてもらった。あなたの髪質に合わせてドライヤーと整髪料を上手く使えば理想のスタイルを実現できる。

もちろん、「APACHE(アパッシュ)」に来て貰えればスタイリングをするだけでなく、あなたの髪質についてのお話や、セットのアドバイスを詳しくさせてもらう。旭川に来られる方はぜひ一度訪れて欲しい。

業者様用公式LINEでは最新のクリッパー情報や限定商品も紹介している。商品の卸の問い合わせも受け付けているので、LINEの登録よろしく!

業者様向けLINE

アパッシュスタッフのInstagramもスタイリングの参考にしてみて欲しい。フォロー大歓迎!

Apache Owner 川上 昌博

Apache Omachi Shop  宮崎 剛瑠

Apache Omachi Shop Manager 西 恭兵

Apache Main Shop Manager 鈴木 琢将

Apache Main Shop 永田 吉伸

Apache Omachi Shop 須藤 正喜Apache Main Shop  川田 竜也


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA