フェードカットの種類!バーバーバトル全国1位のスタイリストが教える9つのフェードスタイル!


近頃男性に人気のヘアスタイルとしてトレンドにもなってきたフェードスタイル。しかしフェードスタイルと一言に言っても、その中で様々な種類があります。

「フェードスタイルの見分けがつかない!」

「バーバーでどう頼んだら良いかわからない!」

そのような方のために9種類のフェードスタイルをご紹介します!

この記事を書いている私は現在理容室「アパッシュ」のスタイリストをしております。過去にバーバーバトル全国1位になった経験もありますので、これまでの経験から皆さんの参考になればと思います!ぜひご覧ください。

フェードカットとはどんなヘアスタイル?

フェードカットを簡単に言うとベリーショートの刈り上げです。ただ、刈り上げと違う点は0mmから剃り始めて地肌が見える箇所とトップの長い部分とをなだらかに、徐々に繋げるようにカットします。

つまり地肌と髪色の部分がグラデーションになるようにカットすることをフェードカットと言います。実際に、その部分を”フェード”という呼び方をします!

刈り上げやツーブロックと混同する方もいますが、それらの細かな比較についてはこちらの記事をご覧ください!

フェードカットとツーブロックって何が違うの?それぞれの特徴を簡単に解説します

世界的に人気なフェードスタイルをご紹介!

1.ガッツリ短く、男らしい!【ハイフェード】

その名の通り高い位置、おでこあたりでフェードを入れます。

地肌が見える部分が広くなるため、黒く見える6mmくらいまでのグラデーションがよりなだらかに、色彩が綺麗に見えるのが特徴です。

こちらは、ハードパートスタイルクロップスタイルにもよく使われます。

2.日本人に合いやすいスタイル!【ミドルフェード】

ハイフェードより少し下、耳の少し上部分あたりでフェードを入れます。

日本人は頭のハチが張っている人が多いため、ミドルフェードで厚みを出すことによってシルエットが綺麗に見えます。

厚みを残しつつ横をすっきりさせる場合に、サイドパートスタイルにもよく使われます。

3.フォーマルシーンでもキマる!【ローフェード】

ミドルフェードよりさらに下がった、耳のすぐ上あたりにフェードを入れます。ハイフェードなどと比較すると色彩を出す範囲が狭くなるため綺麗にするのは難しいスタイルです。これをマスターするとスタイルの幅が広がりますね。

低いラインでコームのラインがつくようにポマードでしっかり固めたい場合などにおすすめです。

4.学生にも人気!【シャドーフェード】

これまでのフェードと違って剃り始めを1~2mmで始めることによって、地肌の部分がグレーに見えるのが特徴です。白、グレー、黒といったしっかりとたグラデーションを出すスタイルと違って、やわらかい印象を与えることができます。

学生の方などで校則が厳しい場合でも、もみあげと襟足部分にグレー部分を作ってあげてすぐに黒につなげていくようなスタイルができるので人気です。

5.ネープラインがキレイに見える!【エリアフェード(バーストフェード)】

もみあげや襟足耳周りにフォーカスして放射線状に広がっていくスタイルです。この写真のようにもみあげの周りだけ入れてすっきり見せるスタイルもよく取り入れる方が多いです。海外ではデザイン性を求めて行う方が多く、イベントごとなどで使われるスタイルです。

6.フェードの新顔!【ブローアウトフェード】

あまり聞きなれないかもしれませんが、フェードの部分が抉り取ったようなカットで、丸みを帯びた頭の形とは逆行した反り返ったラインを演出します。髪が硬い方や真っ直ぐ立つくせのある髪質の方にはよく使われるスタイルです。

髪を立たせずにポマードなどを使って寝かしつけたいような方にはおすすめですね。

サイドパートスタイルにも良くあうスタイルです。

7.よりハードな印象!【スキンフェード】

0mmから始めるフェードカットです。0mmなので地肌がしっかり見えて、グラデーションがはっきりできるのが特徴です。これまで紹介してきたハイフェードやミドルフェードなども、言ってしまえばスキンフェードでもあります。

スキンフェードから様々なデザインのフェードに派生しているんですね。。

8.絶壁でも大丈夫!【ドロップフェード】

顔の方に向かってフェードのラインを落としていくスタイルの強いフェードです。額周りのシルエットをはっきり出すことも、前髪を残したスタイルにも相性抜群!

フェードのラインを少し変えるだけドロップフェードに変化します。正面から見た時に落とした部分が溜まって見えて額のシルエットが演出され、個性がでますね。

クロップスタイルティアドロップスタイルによく合わせるスタイルです。

9.坊主でオシャレが叶う!【ボウズフェード】

坊主のようなスタイルですが、あくまで丸坊主ではなく、頭部に向けてフェードが入っています。ハイフェードと違う点はフェードのラインが後頭部に向けて斜めに上がっていきます。通常の坊主と違った印象を与えられるため、やってみたいという方も多いです。

ここまで9種類のフェードスタイルを紹介してきました。

フェードの種類について動画にもまとめましたので、ご覧ください。

・ハイフェード 2:12

・ミドルフェード 3:37

・ローフェード 5:03

・シャドーフェード 7:14

・エリアフェード(バーストフェード) 8:51

・ブローアウトフェード 9:59

・スキンフェード 11:45

・ドロップフェード 13:47

・ボウズフェード 15:51

まとめ

フェードスタイルについて見てきましたがいかがでしたでしょうか。

様々なスタイルのフェードがありますが、この中でも人気があるフェードは、

  • ハイフェード
  • ミドルフェード
  • ローフェード
  • スキンフェード
  • ドロップフェード
  • シャドーフェード

の6つです。

オールマイティーに色々な方に合う基本のフェードスタイルですね。

気になるカットなどがあればお気軽にご相談ください!

カットのサンプルも多く掲載していますので、下記もよければご覧くださいね。

http://www.barberapache.com/cutstyle/

Youtube チャンネルもやっています!

https://www.youtube.com/channel/UCFq2bKcoZx4RuLrDx-EgUVQ

Barber Apache 本店

http://www.barberapache.com/

TEL:0166-52-2397

〒070-0876

旭川市春光6条9丁目2-16


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA