セーラージェリーがあるお店を探しにサンフランシスコの街へ


サンフランシスコは夏が来ないと言われています。

年中20度前後気温でとても過ごしやすいです。

僕が来てから天気が良く、晴れ男らしいです。

そんな中でセーラージェリーを扱うお店は

どんなお店なのかを勉強しに外に足を運びました。

Haight Ashbury(ヘイトアシュベリー)の一角にある。

タトュー屋さん『Haight Ashbury tattoo』

というお店を発見しました。

服や雑貨などが立ち並ぶお店の奥に

タトューブースがあり、

その壁には一面タトューフラッシュが

飾ってありました。

その中でセーラージェリーの服がありました。


もちろんタトューフラッシュの多くは

セーラージェリー氏がデザインしたものでした。

なにかタトューと服で店を出していることが

理容室アパッシュとアパッシュアパレルで

やっている私たちにヒントになる形では

ないかと思いました。

 

そしてセーラージェリーを扱うにあたって

お店の方々はセーラージェリーに対して

リスペクトを持っていた。タトューを描く人も、

店員さんもみなセーラージェリーをよく知っていた。

このことがまずは大切な土台なんだと

改めて感じました。

 

アメリカカルチャーをしっかりまだまだ学んで

旭川に持ち帰りたいです。

 

それぞれのアカウントで配信中。

↓アパッシュウェブサイト↓

http://www.barberapache.com/shop/products/list.php?category_id=16

 

Instagram・Facebook
@apache_appare

Check it out.

Apache_apparel 代表 川上 巧太


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA